記事
『モンスター(仮)』パク・ギウンの優れた演技、本当の怪物が現れた
2016.06.10

韓国の記事にギウンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

『モンスター(仮)』パク・ギウンの狂った演技、本当の怪物が現れた



俳優パク・ギウンが急変した。
これまでとぼけた正体を隠していたが
非情な怪物に変身し、『モンスター(仮)』の緊張感を高めた。

パク・ギウンは現在MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で
ドドグループド・チュン(パク・ヨンギュ)の浮気で生まれた息子ド・ゴンウを演技中。
ドドグループを飲み込むため、これまで知らず知らず協力してきた
カン・ギタン(カン・ジファン)をどん底に落とす恐ろしい人物だ。

ゴンウは去る6日に放送された21話から本格的に恐ろしい面貌を現わし始めた。
変種のインフルエンザ・ワクチンを抜き取るためにギタンに不意打ちを食わせた。
ゴンウとぐるだったビョン・イルジェ(チョン・ボソク)は、
さらにギタンに殺人の濡れ衣を着せた。
ゴンウは現在オ・スヨン(ソン・ユリ)に片思いして
ドドグループの後継者になるという野望に目がくらんだ状態。
イルジェのように悪役まではいかなくてもギタンと対立を深め、
どんどんに怪物になっている。



このドラマのモンスター(怪物)というタイトルから分かるように
それぞれ別の理由で怪物となる人物たちがいっぱいいるが、
ゴンウもやはり、今まで息を殺していた動きをやめて
暴走機関車のように走り出している。
パク・ギウンは燃える目の演技とギタンに対する嫉妬によって
罵詈雑言を浴びせる演技で視聴者たちを、震わせた。

これまで目に復讐と野望を込めて、今後起こる嵐を予告していたパク・ギウンは
本格的に恐ろしいゴンウの本音を全部出す演技を披露している。
パク・ギウンが演じるゴンウまで怪物になり、
『モンスター(仮)』はまさにお互いに噛みつく修羅場だ。

パク・ギウンは安定的な演技力で善悪の区分なく
多様なキャラクターを表現できる俳優だ。
『モンスター(仮)』には素晴らしい演技をする俳優が多いが、
パク・ギウンは、演技がうまい大先輩たちの間でも
ゴンウの恐ろしい姿を強調させるのに困難がなさそうだ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 HAEWADAL ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂